[ドラマ] イ・ヨニ『九家の書』特別出演...4年ぶりにMBCに復帰

俳優イ・ヨニがMBC新月火ドラマ『九家の書(原題)』に特別出演する。

イ・ヨニはMBC『馬医(原題)』の後続作として編成された『九家の書』に自尊心の強い両班の娘ユン・ソファ役で出演し、短いが強烈な存在感を見せる予定だ。

劇中ユン・ソファは政権争いの犠牲者になり謀反の罪という濡れ衣を着せられたユン・ギスの娘で、彼女の父親が非業の死を遂げた後、官妓になる人物。妓生になったソファは父親を謀反の罪に陥れ死なせたチョ・ガンウンから逃げた後、助けてくれたク・ウォルリョンに出会い運命的な恋に落ちる。

特別出演だがイ・ヨニのお茶の間復帰は昨年8月に終了した『ファントム』以来8ヶ月ぶりだ。MBCドラマ出演は2009年3月終了した『エデンの東』以後約4年ぶりで、イ・ヨニは「監督と作家への信頼、そしていい作品なので特別出演を決めました」と話した。

4月初めベールを脱ぐ『九家の書』は『紳士の品格』『シークレットガーデン』『パリの恋人』などを演出したシン・ウチョルPDがメガホンを取り、『栄光のジェイン』『製パン王キム・タック』などを執筆したカン・ウンギョン作家が脚本に参加し、話題を集めている作品だ。

半人半獣として生まれた『チェ・ガンチ』が人間になるために孤軍奮闘する武狭活劇で、イ・スンギが向う見ずな性格のチェ・ガンチ、スジが優れた武芸の達人、武芸教官タム・ヨウル役を演じる。

写真=キム・ビョングァン記者

Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2013年 02月 04日 17:57