[K-POP] ホ・ガク、デビュー初正規アルバムジャケット...顔出さず『手書きイラスト』で

ホ・ガクが初の正規アルバム『LITTLE GIANT』発売を1日後に控えてジャケット写真を公開した。

ホ・ガクの初正規アルバム『LITTLE GIANT』のタイトル曲は『1440』から『HELLO』『僕を愛した人よ』など、ホ・ガクデビューアルバムから一緒に作業してきた最高の感性作曲家チェ・ギュソンの曲だ。また公開された『LITTLE GIANT』のジャケットカットはホ・ガクの姿ではなく、王冠を被っているマイクのイメージが大きくジャケットを占めており人目を引いた。

ホ・ガク所属事務所A-CUBEエンターテインメントチェ・ジノ代表は「今回ホ・ガクのジャケットイメージは様々な面で少し特別に制作された」「今までのアーティストのイメージを使うとか、イラスト、コンピュータグラフィックなどで制作する方式を抜け出し、手でディテールのひとつひとつを直接描いた『手書き』で制作されたジャケット」と明かした。

A-CUBEは1日、公式YouTubeを通じてホ・ガクが直接出演したタイトル曲ティーザーを公開し、ファンたちの期待を高めさせた。しかし同日午後、一部オンラインアルバム販売サイトで『ホ・ガク1stアルバム『LITTLE GIANT』』というタイトルのアルバム情報とジャケット写真が予約ページに続々と公開され、これまで公開されていなかったタイトル曲情報とジャケット写真が流出するハプニングが起きた。

ホ・ガクの1st正規アルバム『LITTLE GIANT』は5日正午、各オンライン音楽サイトを通じて公開される予定だ。

写真提供=A-CUBEエンターテインメント

Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2013年 02月 04日 13:50