[芸能] 脅迫・詐欺・暴行…カン・ビョンギュ法廷拘束、懲役1年6カ月

元プロ野球選手でタレントのカン・ビョンギュ被告(40)が2日、実刑宣告を受け、法廷拘束された。

ソウル中央地裁は、知人から事業資金3億ウォン(約2,500万円)を借りて返さなかった容疑(詐欺)で在宅起訴されたカン被告に懲役1年6カ月を言い渡し、法廷拘束した。ソウル中央地裁は「被害者が深刻な精神的被害を受けた点などを考慮すると、罪質が非常に良くない」と述べた。

また、カン被告が2010年、俳優イ・ビョンホンさん(42)と元恋人(25)の関係を理由にイさんにお金を要求し、関連報道資料を報道機関に配布した容疑(共同恐喝)も有罪と判断し、懲役1年、執行猶予3年を言い渡した。ソウル中央地裁は「いくつかの証拠状況から見た場合、カン被告が自分の恋人を前面に出しながらイさんを脅迫し、示談金を要求した点が認められる」と明らかにした。ドラマ『IRIS』の撮影場で暴力を行使した容疑も有罪と判断した。

カン被告は「真実を明らかにするため控訴する」と述べた。

Copyright 中央日報 /中央日報日本語版 2013年 02月 02日 11:46