[芸能] CNBLUEとキム・ヨナが広告モデルに…「ホットアイコンの出会い」

ホットアイコンが出会った。

ロックバンドのCNBLUE(シーエヌブルー) が“フィギュアクイーン”のキム・ヨナとともにスポーツ衣料メーカー「プロスペックスW」の広告モデルに選ばれた。

ジョン・ヨンファは所属事務所を通じて「普段からキム・ヨナ選手のファンだったが、こんな形で一緒に広告モデルをすることになり、不思議な半面で幸せだ。今年1年間はすべてのことがうまくいきそうな予感がする」と感想を伝えた。最近、最高のホットアイコンと目されているCNBLUEとキム・ヨナの出会いだけでも大きな話題を集めるものと期待されている。

プロスペックスWの関係者は「CNBLUEはメンバー別に音楽や演技に卓越した感覚と才能を発揮しており、若く新しくなったプロスペックスWのイメージとぴったり合うと判断した」とモデルに選んだ背景を説明した。

一方、CNBLUEは最近、タイトル曲『I’m Sorry』をはじめ全曲自作曲でカバーしたアルバム『Re:BLUE』で各種チャートを席巻している。これにプロスペックスもこれまでのターゲットを拡大するなど第2の全盛期を迎えており、CNBLUEとキム・ヨナを前面に出した新しいマーケティングが大きな効果を生むことが期待されている。

Copyright ISPLUS/中央日報日本語版 2013年 02月 01日 15:40