[ドラマ] 「最強ビジュアル」チョ・インソン‐ソン・ヘギョが共演…期待高まる

「最強ビジュアルカップル」チョ・インソン(31・写真左)、ソン・ヘギョ(31)が共演した。

2人は2月13日初放送されるSBS(ソウル放送)新水木ドラマ『その冬、風が吹く(原題)』(脚本ノ・ヒギョン、演出キム・ギュテ)で、視覚障害者の女相続人と賭博士として出会いせつないロマンスをみせる。『その冬、風が吹く』はチョ・インソンがドラマ『春の日』以来8年ぶりに戻ってきた作品で、『彼らが生きる世界』で息を合わせたノ・ヒギョン作家とソン・ヘギョが5年ぶりに再会したドラマ。今、最強スタイルを誇る2人の組み合わせだけに話題にのぼるのは必至だ。

31、日ソウル漢南洞(ハンナムドン)ブルースクエアで開かれた記者懇談会で、ソン・ヘギョは「記憶に残っている場面はチョ・インソンとのプールシーン」としながら泳ぎながら感情が爆発して身体がしびれるほど没頭した。その時感じをよく覚えている」と話した。これに対しチョ・インソンは「撮影時間が本当に長かった。ソン・ヘギョの演技に対するリアクションに重点を置いた」として「インパクトのある場面が多いようだ」とソン・ヘギョをフォローした。引き続き「ノ・ヒギョン作家の作品は読んだ時と演技する時の感じに違いが大きい」として「セリフの言い回しが難しいことがたびたびあったが、ソン・ヘギョのセリフを聞いて一瞬で理解できる時が多い」と付け加えた。

2人は「私たちは同い年で、デビュー時期も近いが初めて共演した」として「成熟した状態で会って良い作品ができたようだ」と口をそろえた

Copyright ISPLUS/中央日報日本語版 2013年 02月 01日 11:31