[ドラマ] 『都市征伐』KBSと全面戦争? 『新政府の顔色を窺い編成見送り』を暴露

キム・ヒョンジュン、チョン・ユミ主演のドラマとして制作段階から話題を集めた『都市征伐(原題)』がKBS編成見送りを巡って、KBSに直撃弾を落とし関心を呼んでいる。『都市征伐』の制作会社メディアバックは31日、公式報道資料を通じて「KBSがドラマ編成に関連し『暴力性ドラマ』が新政府初期に適切ではないと述べた」とし、KBS編成見送りと関連した立場を伝えた。

メディアバック側は「2012年10月頃にKBSを通じて2013年末まで猶予期間をおいてドラマ『都市征伐』に対する『公式編成意向書』を受け取り、2013年1月現在までKBSと編成関連協議を行ってきた。編成協議過程においてKBSドラマ局幹部関係者の要請を受け入れ、作家交代、台本執筆及び修正、一部の俳優交代など莫大な製作費を甘受しながらも意見を受容するしかなかった。加えてコンテンツ作業の優秀性(例:海外輸出)により、KBSの子会社である『KBSメディア』と共同制作を進行してきており、形式として制作会社『メディアバック』の制作収益の相当部分の持ち分まで譲歩し努力してきた。しかしKBSは新任社長就任以降、最近人事異動を断行、新任幹部ドラマ局関係者を交代させるとすぐに献身的に非公式ラインを通じて、最終編成不可の立場を通告した」と主張した。

また「KBSドラマ局幹部関係者から通告された編成不可の理由としてコンテンツ及び事業性は優秀でいいが暴力的な描写が多く、新政府の出発初期に適切でないと伝えてきた。昨年大統領選挙を控え放映議論となったドラマ『鋼鉄王』は編成会議で再度議論され、再度水面に浮かぶなど新政府に過剰忠誠しようという面が確然と現れた。『都市征伐』作品は編成意向書猶予期間が2013年末までであるにもかかわらず、新ドラマ局幹部関係者が就任した初の編成会議で全ての状況を覆してしまうのはKBSという巨大集団の横暴であり、ドラマ局幹部関係者の履歴が果たしてKBSという公共放送の資格を持ち合わせている人物なのか反問したい」と伝えた。

メディアバック側は「ドラマ『都市征伐』は勧善懲悪の最も簡潔なストーリーをベースにした作品で、ドラマストーリーを導くにあたり、反映されるフィクション的、暴力的表現は韓流文化輸出産業の発展のためにもドラマはドラマであるだけ、創意性と自律性を基盤とし改善成長を反映するのが良い」とも話した。

加えてメディアバック側は「ドラマ『都市征伐』は本格的な撮影に入っていない状況でキム・ヒョンジュンのキャスティングのニュースひとつで日本に事前版権がミニマムギャランティー400万ドル以上を受ける条件で契約され、また国内有名広告代理店とは制作支援、PPL、ドラマコンサート、直、間接広告などのグローバルマーケティング契約を締結し、100憶以上の売り上げと多くの収益が望める作品で国内はもちろん、海外でも認められた名実ともに輸出の担い手として韓流ドラマコンテンツ以上の価値と意味があった作品だ」と強調した。

今回『都市征伐』編成見送りの最大の被害者はキム・ヒョンジュンとチョン・ユミら俳優たちだと言える。彼らは過去1年間『都市征伐』のために待機してきた状態で、今回の編成見送りによって速やかに他の作品を探さなければならない状況になった。チョン・ユミはドラマからの降板を決定し、他の作品のミーティングに入った事が分かった。反面メディアバックが言及するドラマ『鋼鉄王』は受益者と見られている。『鋼鉄王』はパク・チョンヒ時代を美化するドラマという内容で論議を醸したが、パク・クネが当選し新政府発足に合わせてKBS編成が有力視されている状況だ。

メディアバック側は「作品を待っている国内外のファンたちと出演俳優、制作当事者、関係者たちとの約束を履行するために、これからも正常な制作進行のため血の滲む努力をし、文化輸出、韓流ドラマの尖兵になるドラマ『都市征伐』は国民の皆さんの関心の中で必ず制作と放映が正常になされなければならない。KBSドラマ局は速やかにドラマ『都市征伐』編成を確定させ、国内外のファンと制作関係者の期待に応じなければならない」と激白した。

『都市征伐』はシン・ヒョンビン作家の同名漫画を脚色しドラマ化したもので、原作はすでに1,000万部以上販売されたヒット作で、幼い頃自分と母親を捨てた父親を恨みながら成長した主人公ペク・ミルが、自分の家族を破滅に追い込んだ社会の絶対悪に復讐するストーリーだ。

Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2013年 02月 01日 13:36