[芸能] 『ヨセフアメージング』イム・シワン「全てのスケジュールを諦めてミュージカルに集中」

『ヨセフアメージング』で初のミュージカル挑戦をするZE:A(ゼア)のメンバー、イム・シワンが並々ならぬ覚悟を見せた。

イム・シワンは「所属事務所の社長から今はミュージカルが僕に一番重要なので、日本の『太陽を抱く月』放送によるスケジュール、ZE:Aのアルバム準備など全てのスケジュールを諦めてでもミュージカルの練習に集中しろとおっしゃった」と初ミュージカルに対する強い意志を見せた。

またイム・シワンは29日、ミュージカル『ヨセフアメージング』稽古場公開について「裸を見せるみたいに恥ずかしくて足りない部分も多いですが、気楽に演じた。あまり時間が残ってないですが僕に与えられたチャンスなのでもっと練習に没頭します」と思いを伝えた。

所属事務所スター帝国関係者は「イム・シワンが完璧主義者なのでミュージカルだけに集中している。本人の希望により他のスケジュールを全て変更してでもミュージカルで大きな成果を上げられるように支援する」とコメントした。

現在イム・シワンは練習が始まった当時の自身の映像を繰り返し分析し、足りない部分を補完するため、時間が出来る度にミュージカル個人ボーカルトレーナーのチェ・ビョングァン監督と歌の練習に没頭している。

ミュージカル『ヨセフアメージング』は『オペラ座の怪人』『キャッツ』など制作したアンドリュー・ロイド・ウェバーとティム・ライスの初期作で国内初演となる。1000着を超える衣装、50名を超える合唱団、そして50名あまりの主・助演俳優たちが壮大で華麗な舞台で観客たちを迎える。ミュージカル『ヨセフアメージング』は2月12日から4月11日まで蚕室(チャムシル)シャーロッテ劇場で公演される。

写真提供=LIVE&COMPANY

Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2013年 02月 01日 13:34