[K-POP] SISTAR19、新曲『もういないから』でカムバック...ヒットを続けるか?

SISTAR(シスター)ユニット、SISTAR19が新曲、『もういないから』で31日正午カムバックした。

2年ぶりにカムバックしたSISTAR19のタイトル曲『もういないから』は、ヒットプロデューサー勇敢な兄弟の曲で愛が咲けば花も咲き、枯れていく様子を直接話法で表現したヒップホップナンバーだ。SISTAR19メンバーヒョリンとボラは愛と別れを経験した後、心も体も少女から女に変わって行く内面の感情を自分のものにして、別れの虚しさと痛みを切々と表現した。

特にクライマックス部分のサキソフォンの音色はヒョリンのボーカルと調和し、聞く人の耳を刺激する。

また『もういないから』ミュージックビデオはSISTARの『Alone』ソン・ダムビ『狂ったの』などを演出したミュージックビデオ監督チュ・ヒソンが参加し、SISTAR19の魅力を最大限引き出した。エンディングのダンスシーン、壮大なセットが崩れ落ちるスペクタクルなシーンは必ず見なければならない名シーンだ。

SISTAR19は31日Mnet『MCountdown』でカムバックする。

写真提供=STARSHIPエンターテインメント

Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2013年 01月 31日 18:02