[芸能] ① デビュー10年、韓流クイーンに成長したパク・シネ [インタビュー]

女優パク・シネ(23)はいつもさわやかだ。出演する作品はすべて活力にあふれ、新人女優のように観客の好奇心を刺激する。

最近の活動内容からも目が離せない。tvNドラマ『隣のイケメン(原題)』では、ユニークな魅力の引きこもり少女コ・ドクミを演じ、映画『7号室のプレゼント(原題)』では胸をジーンとさせる演技で観客の涙腺を刺激した。“主演級助演”パク・シネの活躍のおかげで、映画も公開1週間で観客200万人を突破した。

デビュー10年で「韓流クイーン」「ロマコメ(=ロマンスコメディー)クイーン」に成長したパク・シネに話を聞いた。

--映画『7号室のプレゼント』を選んだ理由は。

「マネージャーがシナリオを読むなり泣いていた。『よく泣くような人じゃないのになぜだろう』と思ったが、私も同じように涙した。今までのパク・シネとは完全に別のものを見せられるのではないかと思った。1つの大きい挑戦になると思った」

--出番は多くなかったが主人公のように感じられる。

「全体的に満遍なく出ていたからかもしれない。7回撮影したが、そのほとんどを作品に使ってくれていた。監督がとても大切にしてくれたようだ」

--「パク・シネがこんなに演技がうまかったのか」という評価もある。

「『パク・シネにもこんな一面があったのか』と言う意味で受け入れた。これまでの演技が正統劇のスタイルではなかったし、ファンタジー的な面があった。学園ものでは大げさなところも見せてきた。最近、正統劇の演技がなかったと思う」

--デビュー10年目なのにまだ新鮮さがある。

「多くの作品に出演しないからかもしれない。ファンにも、演技者というよりは“人間パク・シネ”の姿を見せようとしてきた。これまで演じながら無理やりに何かにチャレンジしようとしなかった。ムリに成人演技者になろうとしていたら、視聴者が受け入れてくれなかったかもしれない」

--“ロマコメ女優”というイメージがあるが、再び『隣のイケメン』に出演した。

「実はロマンチックコメディーといっても微妙な違いがあって、そういうところを表現するのがおもしろい。“ロマコメ女優”には誤解がある。ロマンチックコメディーは最近3~4年間に3作品しか出演しなかった。実は正統劇(『天国の階段』)でデビューして以後、悪役などいろいろな役もこなしてみた。しかし若いうちにメロ演技をしながら理解しにくい部分があった。ドラマ『美男<イケメン>ですね』に出演して体にぴたっとフィットする感じだった。“ロマコメクイーン”いうが、本当の“ロマコメクイーン”はキム・ジョンウンさんだと思う。ジョンウンさんが出演したドラマ『ウララ夫婦』は本当に面白かった」

--役者としての悩みはないか。

「新しい女優さんが絶え間なくデビューして、芸能界を取り巻く環境も毎日変化しているので、この仕事もずっと続けられるのかとプレッシャーもある。だがそれくらいの緊張感は誰にもあるようだ。ストレスを受けたり傷ついても外に出てすぐに解消してしまう方だ。漢江(ハンガン)で自転車に乗って、夏ならウエイクボードを楽しむ」

Copyright ISPLUS/中央日報日本語版 2013年 01月 30日 15:35