[芸能] イ・ジュンギ「詐欺のショックに家中を刃物で…」

俳優のイ・ジュンギ(31)が、知人から詐欺に遭ったことを公開した。

イ・ジュンギは28日に放送されたSBS(ソウル放送)のトーク番組『ヒーリングキャンプ~楽しいじゃないか~』に出演し、「一瞬で大金を稼ぎ、経済感覚がなくなっていた」と話し出した。続いて彼が信じていた知人にお金を預けたものの、その知人がそれをすべて遊興費として使い果たしてしまったことを告白した。

イ・ジュンギは「その人が『オレがお前をここまでにしてやったのに、退職金もくれないつもりか』と言った。訴訟まで行ってきた。でも勝敗よりも人を失ったほうが大きかった。内面はぐつぐつと煮えたぎっていたが、表面は同じように行動した」と話した。

また「毎日、酒に支えられていた。酒に酔って刃物を振り回した。家中が刃物でずたずたに切り裂かれていた。体も負傷した。酒の酔いがさめないまま座っている自分の目が、まるで悪魔のようだった」とし「父親が十字架と聖水、聖母マリア像を各部屋に置いていた。信仰の力で私を守ろうとしたんだと思う」と打ち明けた。

イ・ジュンギは「詐欺の痛みを少しずつ乗り越えていった。人に受けた痛みは人によって癒されるものなのだと本能的に感じた」と、当時の心境を伝えた。

Copyright ISPLUS/中央日報日本語版 2013年 01月 29日 14:48