[芸能] Wonder Girlsソネのウェディングカーが法規違反騒ぎ!

26日に結婚式を挙げたWonder Girlsソネの超豪華ウェディングカーが、法規違反で物議を醸した。結局、ウェディングカーを準備した会社とソネが謝罪をして一段落した。

ソネと新郎のジェームス・パクは、結婚式当日に超高価なウェディングカーを使用した。


夫婦は花の装飾をあしらったこのウェディングカーで結婚式当日の雰囲気を満喫した。しかし、問題はナンバープレートだった。車両の後ろのナンバープレートが隠れてしまったのだ。後ろのナンバープレートの上には「James♥Seonye, Blessings & Love in Jesus」と書かれたボードが装飾されていた。

ナンバープレートを隠す行為は、自動車管理法10条5項を違反する行動で、刑事立件される可能性もあり、一年以下の懲役または300万ウォン未満の罰金が科せられる事もある。

この車両の写真を見た人々は、「結婚して雰囲気を出したいからって、違反までするのはどうか?」と非難した。

これに対し、ソネとこの車両を準備した会社は謝罪した。韓国のVVIP儀典業社であるMarquisは28日午後、公式ホームページに謝罪文を掲載した。

会社側は「結婚式儀典デコレーションに関連し、Marquis側の至らなかった点を心よりお詫び申し上げます。完全にMarquis側のアイデアで、この事がお二人のご迷惑にならない事を心より望んでおります。準備した者の法規に対する無知によって発生した点を寛大にご理解いただきます様、宜しくお願い申し上げます」と謝罪した。

ソネも自身のツィッターを通じて謝罪した。新婚旅行中のソネは28日午後、自身のツィッターに「暗くなった時間にウェディングカーに夢中で乗ってナンバープレートが隠されていることに気づきませんでした。 故意ではなかったことを必ず申し上げながら、注意できなかった点を心からお詫び申し上げます」と謝罪した。

写真=ホ・ジョンミン記者、Marquis

Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2013年 01月 29日 15:50