[芸能] キム・ハヌル、日本の美少女を連想させるセクシーポーズ

女優のキム・ハヌルが純粋なイメージを捨てて大胆になった。

キム・ハヌルは28日に公開されたパステルミュージックの感性ヒーリングプロジェクト・コンピレーションアルバム『sky』のスチールカットを通じて、純粋でセクシーという相反する魅力を見事に表現した。

くすみのない陶器のような肌でシンプルな服装にカーディガンを羽織った姿でカメラを見つめている様子、窓辺に座って外を眺めている姿などだ。女優の日常を表現しているような自然なポーズで、男性だけでなく女性も魅了している。これまで主に都市的で洗練されたイメージを見せていたのとは違い、今回は温かく優しい雰囲気で、いっそう親しみやすい感じを見せている。キム・ハヌルは、自分だけの休息を楽しんでいるようなリラックスした愛らしい魅力を発散した。

撮影関係者は「寒い天候下、一日中薄着で撮影していたにもかかわらず、キム・ハヌルは笑顔を浮かべながら楽しく臨み、撮影現場の雰囲気を明るく盛り上げてくれた。今回のコンピレーションアルバムにたくさんの真心と愛情を注いでくれて感謝している」と伝えた。

キム・ハヌルは「今回のコンピレーションアルバムはとても特別な作業だった。演技ではない好きな音楽で、大衆と感性的にコミュニケーションを図れる方法になったと思う。私にとって特別だから、ファンの皆さんにとっても素敵な贈り物になるといいなと思う」と感想を伝えた。

一方、キム・ハヌルは今回のコンピレーションアルバムの収益金全額を不遇の子どもたちを支援するために寄付する。

Copyright ISPLUS/中央日報日本語版 2013年 01月 28日 14:47