[ドラマ] パク・シフ主演『清潭洞アリス』最高視聴率で有終の美

SBS(ソウル放送)の週末ドラマ『清潭洞(チョンダムドン)アリス(原題)』は、 チャ・スンジョ(パク・シフ扮)が夢から覚めて現実の世界に戻り、ハン・セギョン(ムン・グニョン扮)の本当の気持ちと愛を受け入れて終わった。

この日、スンジョはセギョンに自分に対する愛を証明してほしいと話すが、セギョンはこれを別れてほしいという意味に間違って取り、新しい人生を歩き始めようとした。しかし、結局スンジョは再びセギョンを探し出して「愛をどうやって証明するんだ?証明なんかしなくていい。私が好きなのが“キャンディー”ハン・セギョンなのか、変化したハン・セギョンなのか区別できない。私の目の前にいるハン・セギョンを愛している」と告白し、2人はお互いの愛を確認した。

この日、ソ・ユンジュ(ソ・イヒョン扮)は、清潭洞の妻としての人生を終わりにし、個人ビジネスを立ち上げて自分の夢を探り始めた。タミー・ホン(キム・ジソク扮)も幸せの意味に改めて気づき、過去の自分の姿を行動を反省した。

一方、『清潭洞アリス』は最終回視聴率16.6%(AGBニールセンメディアリサーチ)を記録した。

Copyright ISPLUS/中央日報日本語版 2013年 01月 28日 14:21