[ドラマ] シン・セギョン『男が愛する時』で1年ぶりにブラウン管復帰

俳優シン・セギョンがMBC新水木ドラマ『男が愛する時(原題)』を通じてお茶の間に復帰する。

シン・セギョンの所属事務所ナムアクターズのある関係者は28日、eNEWSとの電話取材に「現在『男が愛する時』の出演を前向きに検討中だ。まだ確答できないが出演が有力だと言える段階」と明らかにした。

シン・セギョンの出演が確定した場合、ブラウン管復帰は1年ぶりになる。シン・セギョンは昨年5月終了したSBS『ファッション王』以後、次期作の選択に万全を期してきたと言われていた。

『男が愛する時』は死亡したボスの女と恋に落ちた1人の男がまた違う若い女性と出会い繰り広げられるエピソードを描いたメロドラマだ。シン・セギョンは2人の男性のはざまで葛藤する女性キャラクターを演じることになる。

『ファンタスティックカップル』『アラン使徒伝』を演出したキム・サンホPDと『赤道の男』『太陽の女』などを執筆したキム・インヨン作家がタッグを組み、業界内外で期待を集めているこの作品は現在放映中の『7級公務員(原題)』の後続として4月放送予定だ。

写真=ホ・ジョンミン記者

Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2013年 01月 28日 18:12