[K-POP] BoA、13年間培った全てを込めた初の単独コンサート『女王の初コンサート』

『アジアの星』BoA(ボア)(27)が歌謡界デビュー13年目、国内での初単独コンサートで会場を美しく彩った。

BoAは26日と17日の両日に渡りソウル芳夷洞(バンウィドン)オリンピック公園オリンピックホールで開かれた『BoA Special Live 2013-Here I am』で6,000名のファンたちの13年間の願いを満足させた。今回の公演はBoAが2000年『ID;Peace B』でデビューしてから初めて披露するもので、企画段階から話題を集めていたコンサートだ。

BoAの単独コンサートはその名にふさわしかった。全ての曲をライブバンドで演奏し、韓国、米国、日本のデビュー曲を含むヒット曲を並べ『アジアの星』であることを証明した。

公演のオープニングを飾った『Hurricane Venus』『Dangerous』『Energetic』など完璧なパフォーマンスと調和したダンス曲ステージだけでなく『いつも...』『メリクリ』『空中庭園』などアコースティックなギターサウンドでBoA印のバラード、そして『Listen to my heart』『ID; Peace B』など完成度の高いアレンジで強烈なロックに生まれ変わった曲などで多様なジャンルを行き来し、最初から最後まで観客たちを魅了した。

初コンサートに訪れた観客たちのためにBoAが直接作った未発表の新曲『そんなあなた』も初公開された。BoAはこの曲で再度シンガーソングライターとしての姿を確認させ、ミュージックビデオでSHINee(シャイニー)テミンとの共演で新たな魅力を披露した。


日本のシングル曲『LOSE YOUR MIND』『BUMP BUMP!』では海外ファンたちと国内ファンたちが一緒になって歌い、会場の雰囲気を熱く燃やした。またステージの床を活用したFROOR LED演出はよくある花火、爆竹などの舞台装置がなくても会場を訪れた観客たちの視線を釘づけにした。

『Girls on top』後ステージを離れたBoAに向かってアンコールは途切れることなく続き、白のTシャツにホットパンツに着替えたBoAがステージに再登場し、『No.1』で観客たちをひとつにした。そして波乱万丈だった自分の人生と似ているので愛着があるという『四角い車輪』を選び13年間積み重ねてきたものを惜しむことなく披露した。

もちろんただ2回の公演で13年間待ち続けた国内ファンたちの渇望は全て解消されなかった。BoAが公演直前の記者会見で話したように『一度で終わるにはもったいないこの単独コンサート』がこれから全国ツアー、海外ツアーになることを期待する。

写真提供=SMエンターテインメント

Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2013年 01月 28日 14:18