[芸能] パク・シネのヘアスタイルとメークが話題に

女優パク・シネのヘアスタイルとメークが話題だ。

パク・シネは最近ケーブルチャンネルtvNのドラマ『隣のイケメン(原題)』で、切ないが愛らしい引きこもりのコ・ドクミ役で熱演中だ。パク・シネの演技とともに注目されているのはドラマで見せるヘアスタイルとメークだ。特に10代~30代の女性の間で話題を集めている。

パク・シネのヘアスタイルは「ファジーパーマ」だ。目立たないウェーブでラブリーさとかわいらしさを与える。また、マンゴーカラーのチークとアイシャドーで清純さを加えた。

パク・シネの所属事務所の4HIMエンターテインメントは、「撮影前からヘアとメークで苦心が多かった。事前にパク・シネが直接参加して数回にわたりコンセプト会議を行った。ヘアとメークの担当者とパク・シネが額を突き合わせて会議を繰り返したが、ドラマが進むにつれ反応がとても良くなり満足している」と伝えた。

パク・シネは24日に公開し観客20万人を突破した映画『7号室のプレゼント(原題)』で、7号室の過去と現在をつなぐキャラクターとして出演する。23日に公開されたソ・ジソプのミュージックビデオ『消しゴム』ではソ・ジソプとユ・スンホの愛を一身に受けるヒロイン役で熱演している。

Copyright ISPLUS/中央日報日本語版 2013年 01月 27日 12:19