[芸能] クォン・サンウ「日本で人気が出て周りは私をカネだと思って利用した」

俳優のクォン・サンウが芸能界活動中に最も辛かった瞬間について告白した。

クォン・サンウは23日に放送されたSBS(ソウル放送)の芸能情報番組『一夜のTV芸能』に出演し、「最もよかったときはデビューして本当に演技について怖くなかったときだ。自分が持っているものは少なくても、少しも怖くなかった。そのときが一番幸せだったと思う。怖くなかったから」と話した。

反対に「最もよくなかったときは、日本で人気が出てきて周りが私のことをカネと思うようになったときだ。そのとき、利用されにされて私のイメージが大きく損なわれた。そのようなことが実際、少し残念だ」とし「本当は自分と関係ないことだったが、周りがそういうふうに作り上げたことに対して何かいえるような機会がなかった。それが一番残念だった」と吐露した。

Copyright ISPLUS/中央日報日本語版 2013年 01月 24日 15:10