[映画] 『高齢化家族』パク・ヘイル「『グエムル-漢江の怪物-』くらい個性溢れる組み合わせ」

ベストセラー作家チョン・ミョングァンの同名小説を映画化した『高齢化家族(原題)』が12日、漢江のほとりで撮影を終え、3ヶ月間の長い撮影を終えた。

『高齢化家族』は面の皮が厚いプー太郎ハンモ、売れない映画監督インモ、世の中で結婚が一番簡単な熱血ロマンティスト ミヨンら極端なプロフィールの3兄妹が母親の家に集まり、きまりの悪い同居を始めることで巻き起こるストーリーを描いたコメディ映画だ。

少女感性を持つ風変わりな魅力の母親役は貫録の女優ユン・ヨジョンが演じ、チンピラ生活をやめ母親の家に居座った家族の頭痛の種長男ハンモはユン・ジェムンが演じた。

デビュー作から興行に失敗した映画監督インモ役はパク・ヘイル、他人には一度でも大変な結婚を三度もした3番目のミヨンはコン・ヒョジンが引き受けた。『私たちの幸せな時間』『力道山』『パイラン』などの作品を演出したソン・ヘソン監督がメガホンを取った。

映画についてパク・ヘイルは「『グエムル-漢江の怪物-』くらい気になる個性溢れる組み合わせ」「特に寒いというこの冬、俳優と監督、全てのスタッフたちが苦労して撮影を終えた」と伝えた。

コン・ヒョジンは「撮影が終わったが『高齢化家族』のミヨンが心の中にずっと残っているようだ」とキャラクターに対する格別な愛情を見せた。

ソン・ヘソン監督は『高齢化家族』を撮影しながら映画は監督一人で作るのではない事を再度感じた」とクランクアップの感想を伝えた。

映画は現在編集作業に入っており、今年上半期に封切られる予定だ。

Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2013年 01月 24日 14:05