[芸能] “年下男性スキャンダル”韓国有名女優、10億ウォン損害賠償に「敗訴判決」

ベテラン女優イ・ミスクが、記者2人等を相手取って起こしていた損害賠償請求訴訟で敗訴した。

ソウル中央地裁民事14部は23日、イ・ミスクがイ・サンホ元MBC(文化放送)記者とユ・サンウ・ニューシス記者、前所属事務所のザ・コンテンツ・エンターテインメントのキム代表を相手取り起こしていた10億ウォン(約8,300万円)の損害賠償請求訴訟に対し、原告棄却の判決を下した。

イ・サンホ記者は昨年6月、ケーブルチャンネルtvNの『ペク・チヨンのピープルインサイド』に出演し、「2011年の『イ・ミスク年下男性スキャンダル』を知っている。このスキャンダルがメディアに公開される危機に直面すると、イ・ミスクが状況を打破しようとチャン・ジャヨンさんの文件を利用したのではないかと疑っている」と暴露した。

ユ・サンウ記者も同年5月、イ・ミスクと前所属事務所間の専属契約問題についての法廷攻防の過程で、事務所側が「イ・ミスクが離婚前に17歳の年下男性のホストと不適切な関係だった」と主張する内容を報道した。イ・ミスクはこれに対し、「虚偽事実を流し、名誉と人格を棄損した」として彼らを相手取り10億ウォンの損害賠償請求訴訟を起こした。

警察は「主張が虚偽だという証拠を見つけることはできなかった」とし嫌疑なしとして検察に送致した。

Copyright ISPLUS/中央日報日本語版 2013年 01月 23日 14:58