[K-POP] BIGBANG「今年の計画は各自バラバラで…」

山あり谷ありで激動の2012年を送ったBIGBANG(ビッグバン)が新年の計画を1月25日発売の韓流雑誌『K&』2月号で明かす。

BIGBANGは昨年3月にソウルからスタートしたBIGBANG(ビッグバン)のワールドツアー『BIGBANG ALIVE GALAXY TOUR 2012』で10カ月間、世界16カ国25都市でおよそ80万人のファンと出会った。メンバーが相次いで個人的なトラブルに見舞われたが、それを克服して発表したニューアルバム『ALIVE』と『STILL ALIVE』の人気に力を得て初のワールドツアーを開催したBIGBANGは、世界各地で熱いエネルギーを発散した。

昨年、BIGBANGという名の下に一丸となったメンバーは、2013年上半期には各自バラバラになって個別活動に集中する。1月25日~27日、ソウルオリンピック体操競技場でワールドツアーのフィナーレを飾るBIGBANGは、メンバー別の活動で今年上半期のスケジュールをすでに埋めている。

BIGBANGの中心、G-DRAGON(ジードラゴン)は、昨年『One Of Kind』で最新トレンドのエレクトロニックヒップホップ音楽を見せ、『クレヨン』『そのXX』などで人気を集めた。今年は上半期を目標に、ソロアルバムのレコーディングを相当部分進めている。所属事務所のYGエンターテインメントは「G-DRAGONが曲作りをずっと続けてきている。ソロアルバムを通じて見せたいものはまだまだ多いと判断し、ソロミニアルバムを立て続けにリリースする計画」と伝えた。G-DRAGON以外の各メンバーも今年の計画を隠すことなく披露している。

このほかにも『K&』2月号ではデビュー2年で超高速成長を遂げているB1A4(ビーワンエーフォー)のニュースやパク・ユチョンVSユ・スンホの比較記事など、韓流の最新ニュースが満載だ。

Copyright 中央日報日本語版 2013年 01月 22日 15:03