[芸能] 少女時代のテヨン「幼くてもらうばかりだった初恋」を告白

少女時代のテヨンが初恋に対する心残りを表現した。

少女時代のテヨン、ティファニー、サニー、ソヒョンは18日、SBSパワーFM『チョン・ソンヒのきょうのような夜』に出演した。

この日の放送でテヨンは、「最近愛に飢えている」とし、「初恋の思い出が込められた歌」というテーマのトークを通じ初恋ストーリーを公開した。

テヨンは、「とても幼くてもらうばかりだった愛があったが振り返ってみると私はたくさんしてあげられなかったようで残念だ。私が自尊心をとてもたくさん働かせたようだ」と話した。続けてテヨンは初恋相手に歌いたい歌としてBrown Eyed Soulの『Love Ballad』を選曲した。

ティファニーもまた「放送では初めて話すようだ」として高校生の時イルマの『Love Me』の楽譜の裏に手紙を書いて告白してきた男がいたが、その後彼が直接この曲を弾いたりもしたと明らかにした。ティファニーは「いまでもこの歌を聞くと当時のロマンチックでラブラブだったことを思い出す」として初恋を思い出させた。

この放送に接した聴取者は「テヨンは本当に寂しそうだ」「だめだ、過去のことは思い出すな」「今年は思う存分愛してください」など多様な反応を見せた。

Copyright ISPLUS/中央日報日本語版 2013年 01月 22日 11:23