[ドラマ] パク・シネ、撮影現場のビハインドカットを大放出!

女優のパク・シネが撮影現場のビハインドカットを大放出した。

パク・シネはtvNのドラマ『隣のイケメン(原題)』で引きこもり少女のコ・ドクミ役で出演している。心の傷を胸に抱いて部屋の中で閉じこもって暮らす人物で、ファッションにも興味が無くうつうつしている。しかしパク・シネは、“引きこもりファッション”でも隠せない女神級の美貌で撮影現場に活気を与えているという。

パク・シネは今回公開された写真でも自然美人のオーラを発散している。漫画のヒロインのような大きな瞳や透明な肌、化粧っ気のない純粋な美貌は、男性の心を揺さぶるには十分だ。

一方、2003年に歌手のイ・スンファンのプロモーションビデオでデビューしたパク・シネは、その後さまざまなキャラクターをこなして人気はもちろん演技力も折り紙つきの女優で通っている。最近の『隣のイケメン』では俳優のユン・シユンとタッグを組んでいるほか、リュ・スンリョンやオ・ダルスなどの個性派俳優と共演した映画『7号室のプレゼント(原題)』の公開を控えている。

『隣のイケメン』は韓国の人気ウエブ漫画『私は毎日彼を盗み見る』を原作にしており、現代人の「覗き見心理」を愉快に明るく描いた全16話のロマンチックドラマ。最高視聴率3%を突破し、人気を集めている。

Copyright ISPLUS/中央日報日本語版 2013年 01月 21日 14:13