[K-POP] JYJ、日本活動への道が開ける…日本のエージェンシーにも勝訴

グループのJYJ(キム・ジュンス、キム・ジェジュン、パク・ユチョン)が日本のエージェンシーであるavexとの法的紛争にも勝訴した。

JYJの所属事務所側は18日、報道資料を通じて「日本の東京地方裁判所は18日、avexに対し、JYJの日本国内の独占マネージメント権を主張する等の行為をしないよう命じ、JYJの所属事務所であるCJeS(シージェス)エンターテインメントに対して約6億6,000万円の損害賠償金を支払う判決を下した」と発表した。

東京地方裁判所はまた、avexがCJeSの代表の名誉を棄損した事実を公知したことを認定し、CJeSの代表個人に対しても約100万円の損害賠償金の支払いを命じる判決も下した。

昨年11月、前所属事務所だったSMエンターテインメントとの専属契約紛争に決着をつけたのにJYJはこの日、日本での訴訟でも勝訴して、今後はより自由に国内外で活動を行えるようになった。


Copyright 中央日報日本語版 2013年 01月 18日 17:27