[K-POP] <ゴールデンディスク大賞>PSYが「音源大賞」受賞…デビュー後初

“ワールドスター”PSY(サイ)が第27回ゴールデンディスク授賞式で音源大賞の主人公になった。

PSYは16日、マレーシア・クアラルンプールのセパンインターナショナルサーキットで開催された『サムスンギャラクシー第27回ゴールデンディスク授賞式イン・クアラルンプール(The 27th Golden Disk Awards In kuala Lumpur)』の2日目の行事で、音源大賞を受賞した。

この日、忙しいスケジュールのため出席できなかったPSYは、映像で受賞の所感を伝えた。PSYは「2001年にデビューして初めてゴールデンディスク授賞式に招待されたが、大賞まで受けることになった。出席できず、本当に申し訳なく思う」とし「来年は受賞に関係なくゴールデンディスクに出席し、必ず良い公演を見せたい」と話した。

PSYの代わりに所属事務所の歌手Epik High、G-DRAGON、イ・ハイが賞を受け取った。Epik HighとG-DRAGONは「先輩を誇りに思う。心からお祝いする」と語った。イ・ハイは「オッパ(兄さん)、GANGNAM STYLE」と叫びながらセンスある言葉を伝えた。

音源販売量を基準で授賞式が行われたゴールデンセカンドデーには、G-DRAGON、Epik High、f(x)、miss A、SISTAR、TEENTOP、Secret、B.A.PなどK-POPを代表する歌手が総出動し、現地ファンの耳目を集めた。

前日に同じ場所で開かれたゴールデンファーストデーには、SUPER JUNIOR、SHINee、BEAST、4Minuteなど音盤部門で好成績を残した歌手が華麗な舞台を見せた。

Copyright ISPLUS/中央日報日本語版 2013年 01月 17日 10:53