[K-POP] イ・ハイ、ゴールデンディスク新人賞の栄誉...「オジさんファンたち!ずっと愛してね~」

歌手イ・ハイがデビュー4ヶ月で新人賞を獲得し『恐ろしい新人』であることを証明した。

イ・ハイは16日、マレーシア クアラルンプール、セパンインターナショナルサーキットで開かれた『サムソン ギャラクシー 第7回ゴールデンディスク授賞式 IN クアラルンプール』の二日目のイベントで音源部門新人賞を受賞した。

イ・ハイは「多くの方に愛していただいておかげでこんなに素晴らしい賞を頂けました。エネルギッシュに活動してお返しします」「オジさんファンがたくさんいます。これからも変わらず愛してください」と愛きょう溢れる受賞の感想を伝えた。

この日イ・ハイはデビュー曲『1,2,3,4』と共に、SBS『K-POP STAR』出演当時に歌って話題を集めた英国歌手Pixie Lottの『Mama Do』を熱唱し現地ファンたちを魅了した。

この日の大賞は『GANGNAM STYLE』で全世界でシンドロームを巻き起こしたPSY(サイ)に輝いた。米国活動で授賞式会場に参加できなかったPSYはスクリーンを通じて受賞の感想を伝えた。PSYは2001年デビュー後、ゴールデンディスクのステージに上がるのは今回が初めてだ。

またBIGBANGを代表し参加したG-DRAGONは4冠王になった。BIGBANGが『FANTSTIC BABY』で、G-DRAGONがソロタイトル曲『CRAYON』で音源本賞を受賞した。また全世界のファンたちの投票で選定されるMSNインターナショナルアワードもBIGBANGに輝いた。最高のK-POPアイコンに与えられるセシ人気賞はG-DRAGONが獲得した。

この日の授賞式はFTISLAND(エフティーアイランド)のイ・ホンギとSISTAR(シスター)ダスムのMCで3時間行われた。マレーシアのファンたちはK-POP最高のスターが受賞する瞬間を共にし、惜しみない声援を送った。

写真=JTBC提供

Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2013年 01月 17日 13:54