[芸能] 『キム・タック』オ・ジェム、sidusHQと専属契約...ソン・ジュンギの後輩に

子役俳優オ・ジェムがトップスタ- ソン・ジュンギと同事務所の家族になる。

オ・ジェムはソン・ジュンギ、チャン・ヒョク、ファン・ジョンウム、キム・スロ、パク・ジェボムらが所属している総合エンターテインメント社(株)iHQのマネージメント事業本部であるsidusHQと専属契約を結んだ。

2010年、視聴率49.3%という記録を打ち立てたドラマKBS2『製パン王キム・タック』でブラウン管に現れたオ・ジェムは、劇中キム・タックの幼少時代を演じ、味わいのある方言とデビュー作らしからぬ優れた演技力で確実に認めれらた。

以後チャンネルA『僕らのイケメン青果店』、KBS2『愛を信じます(原題)』SBS『信義』などを経て、現在出演中のKBS1『頑張って、ミスターキム!(原題)』まで休む間なく作品活動を続けてきており、演技の幅を広げてきた。

sidusHQマネージメント関係者は「オ・ジェムと専属契約を締結することになり、嬉しく思う。ジェム君はデビューして2~3年でしかない新人だが、キャラクターの魅力を上手く引き出せる利口な俳優」「ジェム君が俳優として更に成長できる場を用意できるよう支援するつもりだ。これからもオ・ジェム君の活動にたくさんの関心と応援をお願い致します」とコメントした。

オ・ジェムは現在KBS1ドラマ『頑張って、ミスターキム!』で見た目は冷たいが心は温かい中学生コ・ジュソン役を熱演中だ。

写真=sidusHQ提供

Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2013年 01月 17日 13:49