[映画] カン・ドンウォン、除隊後初出演作はキム・ジウン監督の短編映画

除隊したカン・ドンウォンがハリウッドに進出したキム・ジウン監督の短編映画でウォーミングアップする。

カン・ドンウォン側関係者が15日、「すでに出演を確定した『群盗(原題)』に先立ち、キム・ジウン監督の短編映画『Hide&Seek(原題)』に出演することにした。2月初めにキム・ジウン監督との作業を終え3月中にクランクインする『群盗』に合流する予定」と明らかにした。 

『Hide&Seek』はキム・ジウン監督が演出する10分の短編映画だ。正式公開する商業映画ではない短編だが、アーノルド・シュワルツェネッガーをキャスティングしてハリウッドデビュー作『ラストスタンド』を撮ったキム・ジウン監督との初めての出会いということだけで大きな意味がある。カン・ドンウォンとしては除隊後初めての映画をキム・ジウン監督とともにしながらウォーミングアップできることになった。

ハ・ジョンウとともに出演するユン・ジョンビン監督の『群盗』は3月中に撮影を始める予定だ。

Copyright ISPLUS/中央日報日本語版 2013年 01月 16日 10:49