[ドラマ] オム・ギジュン、OCN『ザ・ウィルス』主人公決定...強烈なカリスマをふたたび!』

俳優オム・ギジュンが今回はカリスマ溢れる刑事に変身する。

オム・ギジュンはケーブルチャンネルOCNの初オリジナルTVシリーズ『ザ・ウィルス(原題)』の主人公にキャスティングされた。

『ザ・ウィルス』は『神のクイズ(原題)』『バンパイア検事』『特殊事件専門担当TEN(原題)』など、果敢で斬新な素材のドラマを披露し、ジャンルドラマの先頭を切って来たOCNの10部作メディカルスリラーとして、致命的な変種ウィルスの危険を防ぐため、死闘を繰り広げる『特殊感染病危機対策担当』の活躍を感覚的な画面で表現する予定だ。

劇中オム・ギジュンは『特殊感染病危機対策担当』を導く班長刑事イ・ミョンヒョン役を引き受けた。ウィルスの感染経路を追跡するためなら事件現場に何事も厭わず駆けつける熱血行動派で、他の同僚と感染病から人々を守るため、上司との衝突も厭わない強力なカリスマを持つ人物だ。

『ザ・ウィルス』を担当するCJ E&Mのパク・ホシク責任プロデューサーは「劇中イ・ミョンヒョンはウィルス感染事件に没頭するワーカーホリックで、荒々しくがむしゃらな性格だが、冷たい姿の中に熱い情熱と感性も抱いている立体的な人物」と説明した。「オム・ギジュンさんが持っている繊細でありながらも鋭いイメージが死線の最前方で人類を助けようと孤軍奮闘する主人公の役に的確だと判断、出演依頼をすることになった」とコメントした。

オム・ギジュンは「国内ドラマ初の試みの変種ウィルスという斬新な素材に惹かれた。ウィルスと戦う主人公が多様な感情シーンにアクションシーンまでこなさなければならないだけに、今までの出演作でお見せできなかった新たな魅力をアピールします」と覚悟を述べた。

『ザ・ウィルス』は3月放送予定で、現在撮影に拍車がかかっている。

オム・ギジュンはミュージカル『Catch me if you can』で稀代の天才詐欺師フランク役を熱演中で、16日~17日には東京でファンミーティングを行う予定だ。

写真=サイダスHQ提供

Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2013年 01月 15日 14:04