[芸能] コ・ウナ「近親相姦?一度は説明したかった」

俳優コ・ウナが弟ミルと近親相姦騒動に巻き込まれた心境を打ち明けた。

コ・ウナは14日、初放送されたMBC『トーククラブ俳優たち』に出演し、自らを『トラブルメーカー』と紹介した。


この日コ・ウナは「同じ年ごろの人たちに比べ噂が多かったが、弁明する機会がなかった」と話し始めた。

特にアイドルグループMBLAQ(エムブラック)のメンバーとして活動中の弟、ミルに触れ「人々から見れば芸能人だが、私にはたったひとりしかいない弟だ。なのに人々は私を姉として見るのではなく女として見る」とミルとの愛情表現を拡大解釈されることについて、腹立たしい気持ちを見せた。

コ・ウナは「父と離れている家族だから愛情表現が大きい。愛情もいっぱいで、愛や表現力が大きい。周りの視線に気を使わないでキスしたが、『近親相姦』という言葉まで出たんですよ」と当時の状況を説明した。

「その後は写真も一緒に撮らず、外出しても距離を置いて歩いた」「私たち姉弟愛を切り離すようで気分が悪い。私の性格がスキンシップも多く、直接的なんだが、周りの人たちと家族まで悪く見ないでくれたら嬉しい。こういう話を一度したかった」とお願いとともにこれまでの苦労を打ち明けた。

写真出所=ホ・ジョンミン記者、MBC

Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2013年 01月 15日 13:43