[K-POP] 少女時代のMR除去バージョン映像…「実力、疑う余地なし」

少女時代のライブの実力は疑う余地がなかった。

12日、動画専門サイトには少女時代4集アルバムのタイトル曲『I GOT A BOY』のMR(伴奏)除去バージョン映像が公開された。

『I GOT A BOY』は激しいパフォーマンスのため、ライブに対する疑いを抱かせた。さらにカムバックの初週、放送4局でライブではなくリップシンクをし、疑惑をさらに深めたのも事実。

しかし10日、Mnet『MCountdown』で、すべての疑惑を一発で吹き飛ばした。ハンドマイクで見せたライブの実力は“疑心”を抱いたことを恥ずかしく思わせる。パフォーマンスが弱まったわけでもなく、「さすが少女時代」という声を認めさせた。ある関係者は「14カ月間にわたり着実に練習してきた結果のようだ」と述べた。

一方、少女時代は『I GOT A BOY』で2週連続1位を占めている。

Copyright ISPLUS/中央日報日本語版 2013年 01月 14日 13:09