[芸能] 韓国有名タレント、未成年者性暴行の疑いで結局拘束

ダンスグループ「Roo‘Ra」出身の歌手コ・ヨンウク(37)が4人の未成年者を性暴行・セクハラした疑い(児童・青少年の性保護に関する法律違反および強姦、姦淫)で10日拘束された。ソウル西部地方裁判所イ・ドングン令状専門担当判事はこの日「証拠隠滅と逃走の恐れがある」として彼に対する令状発給の理由を明らかにした。

この日午前10時15分ごろ、令状実質審査のために裁判所に出席したコ・ヨンウクは「物議を醸して申し訳ない」として「裁判の手続きに誠実に臨む」と話した。拘束令状が発給されたことにより西大門(ソデムン)警察署留置場にとどまって追加調査を受けることになる。

西大門警察署は4日、コ・ヨンウクに対する事前拘束令状を申請したが、検察で以前の事件を含め4件を合わせて補強捜査することを指示して8日、検察に拘束令状を再申請した。

警察によるとコ・ヨンウクは昨年12月1日午後、ソウル、弘恩洞(ホンウンドン)の道端で帰宅途中のAさん(13)に接近して、自分の乗用車に乗せた後、Aさんの太ももなどを触るなどセクハラした疑いだ。また、昨年未成年者Bさん(18)をオフィステルに連れていって性暴行した疑惑も受けている。

Copyright 中央日報 /中央日報日本語版 2013年 01月 11日 10:45