[K-POP] JYJキム・ジュンス「腹の出たオヤジになっても…」

優れた歌唱力だけでなく、彫刻のようなルックスとスタイルで世界的なスターとして活躍しているJYJのキム・ジュンスも、数十年後はお腹の出た平凡なおじさんになってしまうのだろうか。

キム・ジュンスが韓流雑誌『K&』1月号の中で紹介されているインタビューを通じて、自身の未来の姿がどのようになっているかについて明かしている。JYJの活動のみならず、ミュージカル俳優としても活発な活動を繰り広げているキム・ジュンスは、最近“見かけ”にも気を使うようになったという。昨年1年間は多くのことを感じ、未来についての計画も立てたというキム・ジュンス。そんな彼の話が1月号に掲載されている。

またJYJの別のメンバーであるキム・ジェジュンは、出演作を選ぶ基準を明かした。最近、韓国で映画『コードネーム:ジャッカル』に出演して話題を集めたキム・ジェジュンが、ロマコメドラマ『ボスを守れ』や時代劇『Dr.JIN』などに出演した理由も語った。

パク・ユチョンのファンはコメ10トンに練炭2,160個、ラーメン2,000個などをドラマ『会いたい(原題)』の制作発表会場に送った。パク・ユチョンは12トンの応援物品を送ってくれた26カ国のファンに「素晴らしい演技で報いたい」と感謝の気持ちを伝えた。

昨年12月26日に発売された『K&』1月号には、JYJの記事だけでなくアイドルグループのINFINITE(インフィニット)のアリーナコンサートのバックステージの様子や映画『王になった男』で人気を独占しているトップ俳優のイ・ビョンホンの記事なども掲載している。

Copyright 中央日報日本語版 2013年 01月 09日 16:09