[芸能] RAINに「謹慎処分」の軽い処罰…批判の声も

韓国国防部は8日午後、歌手RAIN(チョン・ジフン、31)が謹慎処分にしたと明らかにした。これに先立ち、RAINは服務中の過多休暇、服装違反で物議をかもしていた。

これに関し国防部は「チョン・ジフン上等兵に一部、軍人服務規律違反が認められる。チョン上等兵が2012年11月23日、12月2日、12月9日の3回、ソウル論硯洞の練習室に行き、女優キム・テヒの車を利用して復帰したのは軍人服務規律違反に該当する。公務外出であるのが、私的(キム・テヒの車)に戻ったのは規定違反と見なせる」と述べた。

国防部は当初、懲戒の範囲について営倉レベルではなく外出・外泊制限などの懲戒があるとみていた。こうした国防部の処分は論争を招くと予想される。

RAINは1日、キム・テヒと一緒にいる写真を撮られ、熱愛説とともに軍服務態度をめぐる論争を招いた。

Copyright ISPLUS/中央日報日本語版 2013年 01月 09日 09:16