[K-POP] ユンナ、ソ・ジソブ ミニアルバム援護射撃...『ピクニック』フィーチャリング参加

歌手ユンナが俳優ソ・ジソブのミニアルバムにフィーチャリングで参加する。

ユンナはソ・ジソブのミニアルバム『6時...運動場』の収録曲『ピクニック』を通じてソ・ジソブと初のコラボレーションをする。

ソ・ジソブの『ピクニック』は愛に落ちた男と切ない別れを告げる女の話しが交差する曲。口ずさむようなソ・ジソプの低音ラップと淡々としながらも感性的なユンナのボーカルで1編のロマンティック映画のような感じが込められている。

特にユンナはソ・ジソブ側のフィーチャリングのオファーを悩むことなく快諾し、ソ・ジソブとの作業に期待をのぞかせた。ユンナは音楽に対するソ・ジソブの一貫した情熱に強い印象を受けた、ソ・ジソブもまたユンナのフィーチャリングが決まった知らせを聞いた後、深い信頼を見せ感謝の気持ちを表した。

ユンナは「以前ソ・ジソブさんのインタビューを見て誰よりも情熱的に音楽を愛する人だと感じられた」「ずっとアルバム活動をする姿を見て素敵だと思ったんだが、今回の機会を通じて一緒に作業出来ることになり嬉しいです」と感想を話した。

「一緒に録音しながらラッパー ソ・ジソブの真価を感じられた。とても楽しい作業で、ずっと記憶に残る時間になると思う」と付け加えた。

ソ・ジソブは昨年3月に発売した『かんむり座』に続き10ヶ月ぶりに2ndミニアルバムを披露する。収録された全4曲のうち3曲の作日に参加したソ・ジソブは正直でなりながら切ない歌詞でファンたちの耳を虜にするつもりだ。

昨年SBS『ファントム』で警察庁サイバー捜査チーム長、キム・ウヒョンを熱演したソ・ジソブは年末の『SBS演技大賞』で最優秀演技賞と10大スター賞を受賞。2012年を華麗に幕を閉じた。

写真=キム・ビョングァン記者、WEALIVE提供

Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2013年 01月 09日 17:53