[K-POP] KARA、日本のゴールドディスク大賞で3冠王

KARA(カラ)が新年早々から日本を飲み込んだ。

KARAは7日、第27回日本ゴールドディスク大賞で「ベスト・エイジアン・アーティスト」「アルバム・オブ・ザ・イヤー」「アジア・ベスト3アルバム」の3冠王に上がった。

授賞式の主要部門である「ベスト・エイジアン・アーティスト」だけでなく、セカンドアルバムの『スーパーガール』で今年のアルバムに選ばれた。BIGBANGの『ALIVE』とともにアジア・ベスト3アルバムにも選ばれ熱い人気を立証した。

2010年に日本でデビューし、『ミスター』のビッグヒットを皮切りに『GO GO サマー!』『ジェットコースターラブ』などを相次いでヒットさせ、日本全国からの人気を一身に受けた。最近の嫌韓流現象にも屈せず地位を守っている。6日には韓国のガールズグループで初めて東京ドームでの単独コンサートも無事に終えた。

この日少女時代もゴールドディスク受賞者リストに名前を上げた。『JAPAN FIRST TOUR GIRL’S GENERATION』でベスト・ミュージック・ビデオのアジア部門を受賞し、日本発表曲の『PAPARAZZI』でアジア部門のソング・オブ・ザ・イヤー・バイ・ダウンロードに選ばれた。このほかにもB1A4とBOYFRIEND、IUが並んでベスト3ニュー・アーティストに選ばれた。

KARAは日本で7作目のシングル『エレクトリックボーイ』を発表しオリコン週間チャート2位になるなど人気を呼んでいる。

Copyright ISPLUS/中央日報日本語版 2013年 01月 08日 10:07