[ドラマ] 『隣のイケメン』ユン・シユン 『イケメンチャラ男』に女心が焼き尽くされた

ユン・シユンが『キム・タック』を脱ぎ捨て『チャラいイケメン』に完璧変身した。

7日夜11時初放送となったtvN新月火ドラマ『隣のイケメン(原題)』第1話で、彼はクリエイティブディレクター、エンリケ・クムに変身、これまで見ることが出来なかったチャラい演技で新鮮な魅力を発散した。





劇中ユン・シユンは世界的なゲームスタジオ『ソルラ』の最年少クリエイティブディレクターを熱演した。秀麗な容姿に優れたファッションセンスまで持ち合わせ、アイドルスターに負けないファンクラブまで持っている人物。新ゲーム発売を控えて久しぶりに韓国に戻って来た彼は空港に殺到する多くのファンと記者たちの歓声に応えるように、入国からあらゆるチャラいパフォーマンスで人目を引いた。

そのハイライトは従兄のハン・テジュン(キム・ジョンサン)に壁掛けテレビを買ってくれと駄々をこねるシーンだ。サッカーに目がないクムに画面が大きい壁掛けテレビは必須オプションだ。テジュンにテレビを買ってくれとねだるが、テジュンはびくともせず、必殺技の愛嬌を浴びせかけるその姿は女性視聴者たちの心を溶かしてしまうのに十分だった。

このような人気を立証するように初回放送直後から主要ポータルサイトに『隣のイケメン』がリアルタイム急上昇検索ワード上位圏を守り、SNS上にもユン・シユンの破格の演技変身について熱い反応が一晩中続いた。

8日夜11時放送の第2話ではユン・シユンの本格的な魅力が繰り広げられる予定だ。好奇心からコ・ドクミに接近するクムとやらたに自分の領域を侵してくるクムをはねのけるドクミのかくれんぼが本格的に始まる予定で期待感を高めている。

『隣のイケメン』は人気ウェブチューン『私は毎日彼を盗み見る』が原作でネットユーザーたちを通じて検証済みのストーリ-にイケメンドラマの元祖『イケメンラーメン屋』のチョン・ジョンファ監督の演出力と映画『接続(原題)』『10月愛(原題)』のキム・ウンジョン作家の感性が出会った作品だ。

写真=ホ・ジョンミン記者、tvN提供

Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2013年 01月 08日 17:59