[K-POP] SJ-M、北京記者会見を成功裏に終了 ファンが殺到し中国公安出動ハプニング

グループSUPER JUNIOR-M(スーパージュニアエム)が北京記者会見を成功裏に終えた。

SUPER JUNIOR-Mは正規2ndアルバム『Break Down』発売を控えた7日午後2時、中国北京CGV国際映画館でカムバック記者会見を開催した。

この日の記者会見にはMTV、湖南衛星TV、東南衛星TV、捜狐など現地主要メディアが大挙参加し、熱気を帯びた取材競争が繰り広げられSUPER JUNIOR-Mに対する高い関心を見せた。

特にこの日先着順で選ばれた2,000余名のファンたちには記者会見を直接見られる特別なチャンスが与えられるだけに、中国ファンたちは寒い中SUPER JUNIOR-Mに会うため前日から映画館の前で徹夜した。記者会見当日にも数多くのファンたちが殺到し、中国公安が出動するハプニングが発生、SUPER JUNIOR-Mの人気を再度確認させた。

この日SUPER JUNIOR-Mメンバーたちは流暢な中国語の実力を披露し、親近感を付け加えたのはもちろん、ミュージックビデオ撮影エピソードなど新しいアルバムについて話をする時間を設けた。メンバードンヘとキュヒョンは『Break Down』のパフォーマンスも披露し、熱い反応を受けた。

SMエンターテイメント側は「今回の記者会見は中国ファンたちのものすごい歓声でインタビューがきちんと行えないくらいだった」「記者会見の終わりに『Break Down』ミュージックビデオが初公開されると会場の熱気は最高潮に達し、まるでSUPER JUNIOR-Mのファンミーティング会場を彷彿とさせた」とコメントした。

合わせてSUPER JUNIOR-Mは19日中国南京を皮切りにアジア各国で大規模ファンミーティングを開催するニュースを伝え、ニューアルバム活動への期待感を更に高めた。

SUPER JUNIOR-Mは8日、中国の人気芸能情報番組「音楽風雲部屋」収録に参加するなど中国で多様なプロモーションを行う計画だ。

写真提供=SMエンターテインメント

Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2013年 01月 08日 15:15