[K-POP] KARAギュリ「日本で“最初”“最高”の言葉をよく聞く」

ガールズグループのKARA(カラ)のギュリが、日本国内での人気について自身の考えを明らかにした。

KARAは6日、東京ドームで単独コンサート『KARASIA 2013 HAPPY NEW YEAR in TOKYO DOME』を開催した。リーダーのギュリはコンサート直前に開かれた記者会見で「日本に進出してから、“最初”や“最高”という単語を本当によく聞いた。それだけ大きな愛を受けているということで、プレッシャーでもあり格別な責任感も生まれた」とし「大韓民国ガールズグループ初の東京ドームコンサートは、私たちが売れているからではなく、ファンの愛のおかげだと考えている」と高鳴る感情を伝えた。

続いて「日本活動のため、寂しく思っている韓国のファンの方もいると思う」とし「『韓国の歌手が海外でもがんばっているんだ』と前向きに受け止めてもらえたら嬉しい。もっと成熟して韓国に戻るので、期待していて欲しい」と伝えた。

一方、KARAはこの日のコンサートで「韓国女性歌手初の日本の東京ドーム単独コンサート」というタイトルを手にした。ギュリはコンサートの途中、昨年発表したKARAの初めてのソロ曲を集めた『ソロコレクション』の収録曲『白昼夢』を熱唱し、およそ4万5,000人の観客を熱狂させた。

Copyright ISPLUS/中央日報日本語版 2013年 01月 07日 14:40