[ドラマ] 『ドラマの帝王』ソ・ドンウォン、意味深長などんでん返しスチールカット公開!『ハッピーエンドの予感?』

SBS月火ドラマ『ドラマの帝王』に出演中のソ・ドンウォンが、ドラマ終了を前に意味深長などんでん返しスチールカットを公開した。7日の最終回放送を控えて彼は撮影現場のメーキング写真を4枚、所属事務所を通じて公開した。劇中彼はアンソニー・キム(キム・ミョンミン)とゴウン(チョン・リョウォン)からの全てを解決する万能PD、チュPD役で出演している。自然なアドリブと細かい演技で『新スティーラー』との称賛を受けているが、劇中『京城の朝』の美人スタッフ(ハ・ギュウォン)に振られ、失恋の傷を受けている状況。これに対しネットユーザーたちは「アンソニー・キムとゴウンも叶えられないという悲劇の結末の伏線じゃないか」と好奇心を膨らませている。

公開された4枚のメーキング写真でソ・ドンウォンは、プロポーズに失敗した美人スタッフ(ハ・ギュウォン)とハートを作って幸せそうな表情を浮かべているかと思えば、血に染まった顔に涙を流したりもしていた。これについてソ・ドンウォンは「今回の写真の中にはドラマの結末と違う2枚の写真がある。いいドラマをお見せするために現場で苦労している全ての関係者の方たちが絶望という現実の中で1%の望みも捨てないで生きている全ての人々のため、最後の放送まで本番視聴をお願いします」と話した。

ソ・ドンウォンは映画『猟奇的な彼女』の脱走兵として本格的にデビューし、MBCミニシリーズ『新入社員』でエリックの弟役を熱演、名演技の助演俳優として認められた。続けてMBCシチュエーションコメディー『朝鮮から来ました(原題)』主演、軍服務の後、最近まで映画『ダンシング・クイーン(原題)』『コードネーム:ジャッカル』『パボオンマ(原題)』『ドラマの帝王』など旺盛な活動を続けている。

写真提供=THE SOMエンターテインメント

Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2013年 01月 07日 18:24