[K-POP] Block.Bが所属事務所に専属契約の効力停止仮処分を申請

Block.Bが現所属事務所を相手に、専属契約の効力を停止して欲しいと、裁判所に仮処分の申請を出した。


Block.Bは最近、ソウル中央地方裁判所に所属事務所のスターダムを相手にした専属契約効力停止仮処分申請をした。

彼らは申請書を通じて「専属契約の締結当時に適切な教育機会と場所の提供はもちろん、収入を精算し毎翌月25日に精算金を支給することに約定した。所属事務所は2011年4月から1年近く、精算義務を一度も履行していない」と主張した。

Block.Bはまた、各種OST及びファンクラブ活動などの収益も精算されていなく、所属事務所の代表だったイ氏がメンバーの両親から7,000万ウォンを貰い受けて行方をくらましたと主張した。

これに関連し、Block.Bと親交のある芸能関係者は4日、eNEWSとの電話にて「最近専属契約の効力停止仮処分申請をしたのは事実だ。また、代表だったイ氏が行方をくらましている状態だ」と明かした。

これにより、Block.Bの今後の活動にも影響が出るだろう。

写真=キム・ビョングァン記者

Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2013年 01月 04日 15:56