[K-POP] 少女時代、現状維持よりも「チャレンジ」…成功するか?

少女時代が年明けの歌謡界を揺さぶっている。

新曲発売前から世界のK-POPファンの耳目を集中させた少女時代が話題作りに成功し、音楽チャートを席巻した。1日の発売と同時にレコードチャートとメロン、エムネット、バグス、オーレミュージックなど主要音楽チャートで1位になった。

特にタイトル曲『I GOT A BOY』だけでなく、『Dancing Queen』『Baby Maybe』『Express999』など収録曲全曲がチャートの上位に入り、“質”の違う1位ということを示した。

また、1日午後5時に公開された『I GOT A BOY』のビデオは公開から1日もたっていない2日午後現在、YouTubeのSMタウンチャンネルとネイバーTVキャストの総再生回数が500万件に迫るなど爆発的な反応を得ている。

熱い関心はタイトル曲『I GOT A BOY』に対する熱を帯びた討論につながり、各種インターネットファンサイトは騒がしい。『I GOT A BOY』はこれまでに見せた少女時代のカラーから完全に脱却した。

歌は難解なほどに新しく、パフォーマンスもがらりと変わった。ヒップホップスタイルで始まりポップとレトロにアーバンスタイルの要素が混ざったエレクトロニックダンス曲で終わる。開始と中間、終わりがまったく異なり、1曲で色んな歌を聞くような独特のスタイルだ。

『I GOT A BOY』のイントロ部分でラップを駆使する少女時代の姿は見慣れなくなじみが薄い。とても変わった歌のために少女時代ファンですら「意欲が過ぎたか」という疑問を持つほどだった。

だが、1日夜に少女時代の初めての舞台『ロマンチックファンタジー』放送後は、「難解だ」という反応より「やはり少女時代だ」という評価が支配的だ。復古風な感じを混ぜたガールズヒップホップルックを着てステージに上がった少女時代は果敢に骨盤をねじるセクシーなダンスでその他のガールズグループとは格が違う舞台演出を見せた。

Copyright ISPLUS/中央日報日本語版 2013年 01月 03日 11:25