[芸能] ② RAIN、部隊外で94日…特恵めぐる議論の真実は

国防部はRAINが担当する広報支援隊の任務上仕方ないという立場だ。国防部関係者は「広報支援隊は一般部隊とは違い公演準備と地方公演が多く、外泊が多くならざるをえない。国防部には録音や公演、振りつけ練習のための施設がなく、江南(カンナム)の練習室を夜通し借りて使ったため部隊外で活動した記録が多い」と釈明した。昼間は練習室の使用料が高く、さらにスケジュールが決まっており公演準備のための外泊が多かったが、規定でも何ら問題がないという話だ。現在広報支援隊にはRAINのほかにもKCM出身のカン・チャンモ、イトゥクら16人の芸能兵士が服務している。彼らの外出・外泊記録も外部公演の数により差があるが、Rainと似た水準というのが国防部の説明だ。

国防部の釈明にもかかわらず、国防部ホームページなどには批判の書き込みなどが相次いでいる。氷点下30度を下回る天気の中でも前方で任務に当たる兵士らと比較すると芸能人兵士に対する優遇が行き過ぎているということだ。あるネットユーザーは、「芸能兵士らの特恵を見ながら新世代将兵に鉄柵を守れとは話になるだろうか。彼らの功労と比較すればとても大きな褒賞と恩恵を与えるものだ」と指摘した。「私が軍生活をした当時だけでも新兵慰労休暇と1次・2次・32次定期休暇、褒賞休暇2回しかなかった。軍生活を熱心にやり褒賞休暇をたくさん受けた兵士を見ても、芸能兵士よりははるかに少ない」という書き込みもあった。ボーイフレンドを軍隊に送ったというある女性は、国防部の金寛鎮(キム・グァンジン)長官のTwitterに、「私は軍隊に行ったボーイフレンドとなかなか会えないのにキム・テヒはよく会っているとは話にならない」と書き込んだ。

国防部当局者は、「重要なことは芸能兵士という身分を利用し兵士の任務から逸脱した行動をしたかどうか。脆弱時間を利用して逸脱した行動が起きないよう管理する」と話した。

Copyright 中央日報 /中央日報日本語版 2013年 01月 04日 00:00