[K-POP] SMエンターテインメント「少女時代のMV、修正版を公開する」

少女時代側が、問題となった『Dancing Queen』のミュージックビデオの中のシーンを削除した修正版を公開する事に決定した。


少女時代の所属事務所のSMエンターテインメント(以下SM)側は3日午後、「『Dancing Queen』のミュージックビデオの中で問題となったシーンの修正作業に既に入っている。作業が終わり次第、修正して公開する」と明らかにした。

SMは「該当部分をミュージックビデオから完全に削除するか、画面から問題の部分をCGなどで修正するかなどについては、現在様々な角度から考慮している。問題の部分をこれ以上見れなくする」と強調した。

昨年12月21日に公開された少女時代正規4集『Dancing Queen』のミュージックビデオには、サニーが英語で“WELCOME MOTHERF★CKERS”と書かれている帽子を被って登場したシーンが問題となっていた。

1秒にも満たない瞬間のシーンではあるが、2007年8月のデビュー以降、明るく健康なイメージでファンから愛されてきた少女時代だからこそ、この騒ぎはより大きくなった。こういった状況により、SMは問題となった部分を削除した修正版を公開することに決定した。

少女時代は現在、『I GOT A BOY』で韓国の音楽チャートで1位を席巻している。

写真=SM Entertainment






Reporter : harumi takagi (th774@cj.net)
Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved.

[Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved] 2013年 01月 03日 17:13