[芸能] 韓国国防部側「RAIN、“芸能士兵特恵”公式調査に着手」

2日、国防部関係者は「チョン・ジフン(RAINの本名)上等兵の過多休暇疑惑について調査中だ。あわせて休暇中の脱帽行為に関し、軍人服務規律違反があったかについても調査している」とし、「今週中には分かるだろう」とその立場を伝えた。続けて「事実関係を確認してから規定違反をしていたことが明らかになった場合、外泊制限などの処罰措置を取る予定」と付け加えた。

国防部の公式調査は1日、あるパパラッチ専門メディアが「RAINとキム・テヒが2011年に広告撮影で縁を結んで恋人関係に発展した」と報じたことに端を発している。報道によると、RAINは昨年12月から週1回のペースでデートを楽しみ、クリスマスには4泊5日の休暇を取っていた。これとあわせて2人のデート写真が公開されて話題を集め、キム・テヒ側が交際を正式に認めて熱愛説が一段落した。

しかし現役軍人のRAINの度重なる外泊や外出について多くの関心が注がれ、芸能士兵の特恵疑惑が取り沙汰されるようになった。そのうえ報道された写真でRAINが帽子をかぶっていなかったことをめぐり「軍服務規律法に違反しているのではないか」との疑惑が持ち上がった。

RAINの芸能士兵の特恵疑惑は、昨年10月に国会国防部国情監査で言及されていたことがある。当時、民主統合党のイ・ソクヒョン議員は国防部から提出された資料をもとに「RAINは2012年1月から10月までの休暇は、18日(褒賞13日、慰労5日)、外出は34日だった。芸能士兵のなかで最も多い」と指摘していた。

今年7月の転役を控えているRAINは、2011年10月11日に現役入隊した。新兵教育隊の助教として服務していたRAINは入隊4カ月後に国防広報院の芸能士兵に補職を移していた。

Copyright ISPLUS/中央日報日本語版 2013年 01月 02日 16:55