[芸能] キム・テヒ側、RAINとの熱愛認める…年明け初日「超ビックカップル」誕生

年明け初日に超ビックスターカップルが誕生した。

1日午前からオンラインを熱い雰囲気にした、女優キム・テヒ(33)とRAIN(31)の熱愛説は結局キム・テヒ側が午後9時ごろ「良いお付き合いをしている」という公式報道資料によって一段落した。

キム・テヒ所属事務所ルアエンターテイメント側によれば2人が本格的に交際するようになったのは約1カ月前からだ。所属事務所側は「RAINと交際しているのは事実だが現在は好感を持って相手に対し少しずつ理解していっている段階」と用心深く明らかにした。

関係者は「とても有名な芸能人で、さらに会う時間も十分にはなかった。話を交わす場所はより一層限定されているのが事実」としながら「2人が仲間の関係から少しずつお互いをみつめる感情に変わっているが、今は本人さえも自分たちの感情がよくわかるのが難しい時期」と明らかにした。

2人の熱愛説はあるパパラッチ専門メディアによってわかった。このメディアは2カ月あまりの間、軍の服務中であるRAINが休暇で外出中にキム・テヒに会っている場面をとらえ、何枚かの写真を公開した。2人が2011年10月『coupang』の広告の撮影で知り合い、2012年9月ごろ恋人関係に発展したという内容も付け加えた。このメディアによると2人は3台以上の車を使って自動車デートを楽しみ、家で会うこともあった。写真の2人は顔をマスクで覆い帽子を深くかぶるなど、わからにようにしている。

一方、RAINは熱愛説の後、軍服務中にキム・テヒと自然に会うために軍服務怠慢と関連した疑惑があふれている。

Copyright ISPLUS/中央日報日本語版 2013年 01月 02日 09:09