[芸能] [2012年を振り返る] 今年のイシューTop 5

2013年まであと残りわずかとなった。

今年も韓国の芸能界では様々なイシューがあった。今年イシューTop5を紹介!


『イトゥク軍入隊』

日本でも大人気のSUPER JUNIOR。グループのリーダーとしてメンバーをまとめてきたイトゥクが今年軍に入隊した。

今年10月末に軍入隊をしたイトゥク。多くのファンに見送られながら入所した。

12月には入隊後初の直筆の手紙も公開され、話題となった。

彼の帰りを待つファンは多い。


『ニックン飲酒運転』

2PMのメンバーとして活躍しているニックン。今年の夏、飲酒運転で交通事故を起こし、しばらく活動を中断していた。

11月には2PMコンサートツアーで復帰し、現在大活躍している。


『V.Iの19禁スキャンダル』

日本でも大人気を誇るBIGBANGのメンバーV.I。日本ではソロでも大活躍している彼も、今年はイシューが多かった。

今年9月には19禁スキャンダルが発覚したり、久保杏奈とのスキャンダルも発覚したりした。

こういったスキャンダルの中でも、活動に一生懸命取り組んできたV.I。来年の活躍にも期待したい。


『T-ARAのイジメ問題』

日本でも人気のT-ARA。今年は彼女達にとって試練の年となった。

今年7月に浮上したイジメ説によって、ウンジョンがドラマの降板を要求されたり、このイジメ説の真相を追求する為に発足されたティジンヨ(T-ARAの真実を要求しますを略したコミュニティの名前)の34万人の会員が所属事務所に意見を表明したりもした。

この時にチームを脱退したファヨンは、女優として演技者に転向するといわれている。


『芸能事務所社長が強姦容疑で逮捕』

今年の10月、少女らに4年間にわたって性的暴行を加えていたとして、韓国警察が強姦容疑でソウルの芸能事務所社長(51)を逮捕した。

逮捕されたのは、大手事務所『オープンワールドエンターテインメント』社長、チャン・ソグ容疑者。これまでに確認された被害者は未成年者やプロの歌手を含め11人で、実際はもっと多いとも言われている。

チャン容疑者は、『指導』と称して少女らに性的興奮剤入りの酒を飲ませた上、夜に事務所の地下レッスン室などで暴行を加えていたという。

ベールに包まれている芸能界で、今後このようなことが行われない事を祈るばかりだ。

Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2012年 12月 31日 13:17