[ドラマ] [2012年を振り返る] 今年のドラマクィーンTop 5

2013年まであと残りわずかとなった。

日本で大人気の韓流スター達。今年も数々の韓流ドラマがヒットした。今年はどんな女優が活躍した年だったのだろうか?

今年ドラマで活躍した女性スターTOP5を紹介!


『チョン・ウンジ』

2011年「A Pink」としてデビューしたチョン・ウンジ。今年は彼女にとって意味の深い1年になっただろう。

今年の彼女といえば何と言っても、熱狂的なアイドルファンのヒロイン役で演技に初挑戦したtvNドラマ『応答せよ1997』 だろう。彼女の釜山方言での演技は初めてとは思えないほど自然で、このドラマは大ヒットした。

また、このドラマで共演者のソ・イングクと共に歌った『All For You』がアメリカBillboardのK-POPチャートで1位なるなど、大人気となった。

ドラマに歌に大活躍した彼女はミュージカル『LEGALLY BLONDE』のヒロインにも抜擢され、これからも幅広い活躍をしてくれると期待できる。


『ユイ』

AFTERSCHOOLのメンバーとしても活動しているユイ。ドラマ『善徳女王』や『美男<イケメン>ですね』への出演で日本でも大人気となった彼女。

今年も彼女の活躍が輝いた年になった。

現在放送されているドラマ『田禹治(チョンウチ)(原題)』では、ヒロインのホン・ムヨン役を演じている。このドラマでユイは、術によって毒虫に感情を操られ、かつて自分と美しく愛し合ったチョンウチ(チャ・テヒョン)と対立し合う切ない女性を熱演、彼女の涙演技にあまりに心を痛めたスタッフ達が「代わりに泣いてあげたい」と思ったほどだったという。

演技に磨きがかかった彼女のこれからが楽しみだ。


『シン・ミナ』

これまで数々の大ヒットドラマに出演してきたシン・ミナ。日本では『僕の彼女は九尾狐』でのシン・ミナもまだ記憶に新しいことだろう。

今年韓国でヒットしたドラマ『アラン使道伝』 では、イ・ジュンギと共演した。元気で逞しいキャラクターアランをキュートに演じたシン・ミナとイ・ジュンギの切ないラブストーリーは、視聴者達の心を痛めた。

デビュー14年目の彼女。キュートな魅力はそのままに成熟した女性の魅力も出てきた。これからも存在感のある演技を見せて欲しい。


『ユナ』

日本でも大人気の少女時代のメンバーとしても活動しているユナ。日本でも人気となったドラマに出演し、女優としても人気者の彼女。

今年日本でも放送されたドラマ『ラブレイン』では、日本で絶大なる人気を誇るチャン・グンソクと共演も果たした。

また、ドラマで使用していたユナの着うたが、日本のレコチョク着うたチャート1位になるという驚く記録を打ち立てたりもした。

来年元旦から少女時代として韓国でカムバックするユナ。

歌手として、女優としても有望な彼女の来年の活躍が楽しみだ。


『スジ』

miss Aのメンバーとしても大活躍しているスジ。

今年上映された映画「建築学概論」が大ヒットし、“国民的初恋の人”と呼ばれるようになった彼女。今年も演技に歌にバラエティーに大活躍した。

今年の夏に韓国で放送されたドラマ『ビッグ ~愛は奇跡<ミラクル>~』でチャン・マリ役を熱演し、そのキュートな魅力で主演のコン・ユやイ・ミンジョンにも負けない存在感を見せてくれた。

まだ高校生のスジ。これからの幅広い活躍と成長に期待できそうだ。

Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2012年 12月 28日 16:18