[K-POP] 少女時代、4thアルバムに韓国+ヨーロッパ最高峰の作曲家が意気投合

来年カムバックを宣言した女性グループ少女時代のニューアルバムに韓国とヨーロッパを代表する最高峰の作曲家たちが意気投合、期待感を高めている。

少女時代が来年1月1日電撃発売する4thアルバムタイトル曲『I Got a Boy』は、彼女たちが今まで見せてくれた音楽スタイルと一線を画した新しい変化と挑戦を感じさせる。1つの曲の中にいくつもの音楽スタイルとテンポの変化がある独特な曲でサビの中毒性が強いメロディーが目立つ。

特にこの曲は少女時代の代表ヒット曲『願いを言ってみて』を作曲した有名作曲家チーム『Dsign music』と、ヨーロッパ最高の作曲家たちはもちろん、韓国を代表する作曲家ユ・ヨンジンも参加し、名実ともに最高の作曲家ドリームチームが少女時代のために新たなスタイルの音楽を誕生させただけに、全世界の音楽ファンたちの爆発的な反応が予想される。

加えて『I Got a Boy』の歌詞には『女たちのおしゃべり』をメインテーマに、日常生活の中で女性たちが友人とするちょっとしたおしゃべりの内容を面白く込めるなど、聞く面白さが更に倍増している。

カムバック秒読みに入った少女時代は26日『I Got a Boy』のドラマバージョンティーザーを公開し、爆発的な反応を受けている。歌詞をベースに制作されたドラマバージョンティーザー映像はメンバー各自のロマンティックなラブストーリーで構成、少女時代メンバーたちの愛らしい姿に出会える。ドラマティーザーに続き、28日にはダンスバージョンティーザーも公開、少女時代のパフォーマンスと共にタイトル曲『I Got a Boy』の一部も公開される。

写真提供=SMエンターテインメント

Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2012年 12月 27日 14:30