[芸能] 少女時代スヨン、カムバック控え“百万ドルの脚線美”公開

少女時代のスヨンがカムバックを控えて脚線美の品格とは何かを改めて知らしめた。

スヨンは26日に公開されたファッション誌『ハーパース・バザール・コリア(Harper’s Bazaar Korea)』2013年1月号のグラビアを通じてファッショニスタとしての威厳をアピールした。

今月6日、イザベル・マランのミューズになって旗艦店のオープンパーティーに参加したことに続き、今回のグラビアでも同ブランドの衣装を着てカメラの前に立った。モデルも凌駕するほどの感覚的なポーズとプロポーションで、2013年春夏シーズンの新商品コレクションを着こなした。普段のキュートで愛らしいイメージを捨て、成熟して洗練された姿でスタッフを感嘆させた。

スヨンは「普段はカジュアルだが、平凡すぎないルックが好きだ。ぴったりとしたパンツやかかとの高いヒールのように、一見着こなしにくそうなものが好き」とし「そのためイザベル・マランの衣装が好きなのだが、着用したときにきつ過ぎたりモゾモゾした感じはないのに、十分に女性らしい。ミックスマッチしやすいし、普段にも活躍しそうな服で、私のセンスをうまく表現してくれるようだ。服だけじゃなく、デザイナーについて個人的な好奇心が生まれるほど」と感想を明かした。

一方、少女時代は来年1月1日に4枚目のアルバム『I Got a Boys』でカムバックする。

Copyright ISPLUS/中央日報日本語版 2012年 12月 26日 16:08