[ドラマ] 『学校 2013』反抗児役クァク・ジョンウク、実は成均館大の『模範生』

俳優クァク・ジョンウクがドラマの中のキャラクターとは反対の模範生であることが分かった。

クァク・ジョンウクは現在放映中のKBS2月火ドラマ『学校 2013(原題)』で反抗児オ・ジョンホ役で出演中だ。友人たちに暴力をふるい、違和感を作りだし、教師に反抗する問題児キャラクターを熱演している。

クァク・ジョンウクはドラマのなかでリアルな反抗児の演技を披露しているが、実際の生活はこれとは正反対だ。成均館(ソンギュンガン)大学演技芸術学科に在学中の彼は忙しいスケジュールでも誠実な学校生活で優秀な成績を維持し、奨学金を受ける模範生であることが明らかになった。

クァク・ジョンウクの所属事務所Woollimエンターテイメントのある関係者は「現在『学校 2013』で演じる役柄のためにそうなのか、実際のクァク・ジョンウクは本当に模範生」「忙しいスケジュールにも学業を疎かにせず奨学金も受けている」と明かした。

クァク・ジョンウクは1999年ドラマ『ホジュン』でデビューした。9歳という年齢にも大人の俳優に負けないカリスマを見せ、ドラマ『野人時代』ではキム・ドハンの子供時代を演じ、子役賞を受賞した。『チャン・ヒビン(原題)』『不滅の李舜臣(イ・スンシン)』『英雄時代』『尊徳女王』など多数の時代劇を通じて優れた演技力を披露している。

写真出所=KBS

Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2012年 12月 25日 18:21